空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師に英語は必要?

空港の看護師に英語は必要?

空港内の医務室・診療所・クリニックなどで働く場合には、多くが空港関係者や各航空会社の客室乗務員への処置や対応が主な業務です。しかし空港内に医務室・診療所・クリニックなどがあるのは成田国際空港や関西国際空港や中部国際空港などの国際空港がほとんどで、航空会社の客室乗務員も日本人だけではありません。

それこそ世界中から日本の空港に、1日に何百という飛行機が到着します。そのため空港で働く看護師も、ある程度の英語力が必要になってきます。では実際にどの程度の英語力が必要になのかと言えば、TOEICで最低でも700点以上のレベルが求められます

空港の看護師の求人情報を見ても、求人の応募条件にTOEICのスコアが記載されています。それを見ても最低でも700点以上の英語力がないと、空港で看護師として働くことは難しいかもしれません。最近では多くの企業でも求人の応募条件にTOEICのスコアが記載されていて、NTTコミュニケーションズの新卒採用の応募条件には、TOEICのスコアが850点以上と記載されています。

世界中で店舗を展開しているユニクロのファーストリテイリングなども、新卒採用の条件に700点以上のTOEICスコアが必要になっています。お隣の韓国のサムスンなどは新入社員のTOEICスコアの、足切り点数が900点というから驚きです。TOEICのスコアは990点が満点ですから、900点というと限りなく満点に近い点数です。

ただTOEICのスコアを持っていなくても、応募条件で求められている英語力があれば大丈夫です。TOEICのスコアはあくまで英語力のレベルを示す基準に過ぎないので、実際に英語力があるのであれば問題ありません。またこれまで仕事で英語を使ったことがなくても大丈夫です。2〜3ヶ月も空港内にある医務室やクリニックなどで働くと、英語を使うことにも自然に慣れてきます。

空港内にある医務室やクリニックには空港関係者や客室乗務員だけでなく、それこそ世界中から日本を訪れる人々がたくさんいます。世界にはアメリカ人やイギリス人が、喋るような英語ばかりではありません。私たち日本人はアメリカ英語やイギリス英語には慣れていますが、インド人の方が喋る英語や東南アジアの英語にはあまり慣れていません。

もし空港の看護師に興味がある方はナースフルなどの看護師に特化された転職サイトや転職エージェントで登録されると、これらのサイトやエージェントの専任の担当者が詳しく教えてくれます。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.