空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師の探し方は?

空港の看護師の探し方は?

普通の病院やクリニックなどで働くのではなく一般企業の医務室や保健室で働く企業看護師や、空港内の医務室・診療所・クリニックなどで働く看護師がいます。看護師のなかにも専門看護師や認定看護師など看護師としての自分にスキルや知識を磨くキャリアアップを目指すタイプと、どちらかといえば看護師としてのスキルや知識を別の場所で活かすタイプと2つあるようです。

空港で働く看護師にも実は空港内の医務室・診療所・クリニックなどではなく、厚生労働省の厚生労働技官として働く看護師もいます。仕事の内容は空港内の検疫所で海外から帰国した乗客が感染症に掛かっていないかをチェックしたり、予防接種や発熱した乗客の健康相談に乗ったりします。

海外旅行から帰ってくると黄色い紙や白い紙に、「下痢や熱がありませんか?」など書かれた紙に記入する検疫所で働いている看護師です。これらの空港で働いている看護師の求人の探し方ですが、ハローワークや普通の求人誌ではまず見かけません。探すとすればナースフルなどの、看護師に特化された転職サイトや転職エージェントになります。

それも一般に公開されている求人情報で見かけことは少なく、空港の看護師の求人のほとんどが非公開の案件ばかりです。これは空港内の医務室・診療所・クリニックを管理しているのが空港運営会社ではなく、民間の病院ということもあり看護師に特化された転職サイトや転職エージェントに求人を依頼しているからです。

ただ国内のすべての空港に医務室・診療所・クリニックがあるわけではないので、求人案件の常時あるのではなく欠員が出た場合のみになります。空港の検疫所の看護師も同様で、欠員が出た場合のみ厚生労働省のホームページに求人が掲載されています。いずれにしても転職サイトや転職エージェントに登録して、自分の希望を伝える必要があります。

空港の医務室・診療所・クリニックは普通は医師1人に看護師1人に事務員1人の2〜3人体制が多く、病院のように1日じゅうバタバタと仕事があるわけではありません。成田国際空港や関西国際空港のような国際空港の場合には24時間体制なので、シフト制で夜勤もありますがナースコールもなく緊急性もないので肉体的にも精神的にも比較的にらくで人気があります。

そのため今すぐは空港の看護師求人がなくても転職サイトや転職エージェントに登録していれば、欠員が出た場合には担当者から連絡があります。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.