空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師になるメリットは?

空港の看護師になるメリットは?

第二新卒が最近では社会問題にもなっていますが、看護師の場合も看護学校などを卒業して2〜3年以内に離職するケースが一向に減りません。一般の大卒が2〜3年以内に第二新卒になる背景には、日本独特の新卒一括採用制度があります。大学がある意味で就職予備校化している日本では、大学を卒業するまでに企業から内定を得られなければ既卒になります。

既卒になればそれだけで就職活動はさらに厳しさを増し、既卒のまま就職できずにフリーターになったり、なかにはニートになる若者も少なくありません。そのため企業から内定を得られるかどうかが最大の関心ごとで、本当に自分がしたい仕事かどうかは二の次です。そして企業に就職して2〜3年経つと、今している仕事は本当に自分がしたい仕事ではないと辞めていきます。

しかし看護師の場合は少し事情が異なり、看護学校などを卒業して離職するケースのほとんどが理想と現実のギャップです。看護師という仕事がどんなものかは頭のなかでは理解しているつもりでも、実際に働き始めると想像以上に辛いものがあります。そのため一般企業の第二新卒者が業種や職種は違っても、他の企業に転職するのに対して看護師の場合はそのまま離職するケースも少なくありません。

たとえ第二新卒にならなくても離職する看護師の多くは、残業や夜勤など病院勤務で肉体的だけでなく、精神的にもボロボロになるからです。もちろんある程度は慣れていきますが、それにも限度があります。ただ看護師の場合は免許があれば、何も病院だけが勤務先ではありません。

残業や夜勤がなくて多少は給料が下がっても、看護師の働ける場所はたくさんあります。空港もそんな看護師が働ける場所のひとつで空港の看護師になるメリットは、なんと言っても肉体的だけでなく精神的にもらくなことです。空港の医務室・診療所・クリニックの勤務体制は普通は、医師1人に看護師1人に事務員1人の2〜3人体制です。

仕事も主に空港職員や各航空会社の社員の健康管理ですが、空港で大きな事故で起きない限りは、病院のように1日じゅう動いているわけではありません。精神的にも患者さんもいなく医師1人ですから、人間関係に悩むこともありません。ただ空港の看護師の求人は、そんなに多くありません。

そのためナースフルなどの看護師に特化された転職サイトや転職エージェントに登録して、空港の看護師として働きたいと自分の希望を伝える必要があります。すぐには空港の看護師の求人がなくても転職サイトや転職エージェントに登録していれば、欠員が出た場合には担当者から連絡があります。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.