空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師の検疫官とは?

空港の看護師の検疫官とは?

空港の医務室で看護師として働きたいという方もいると思います。日本国内の成田国際空港や関西国際空港などの国際空港には、空港内に医務室・診療所・クリニックなどが設置されています。しかしこれらの医務室・診療所・クリニックなどは空港が運営しているのではなく、民間の病院が空港内に開院しているのがほとんどです。

実は空港内ではこれらの医務室・診療所・クリニックなどの他に、空港の検疫官と働いている看護師がいることをご存知でしょうか?検疫官とは海外から日本を訪れる乗客や海外から帰国した日本人が、感染症に掛かっていないかをチェックしたりするのが役割です。

空港で検疫官と働いている看護師の仕事は感染などの疑いがある乗客の診察だけでなく、乗客の健康相談に応じたりもし具合が悪ければ検温や必要に応じて血圧測定や採血などの通常の看護業務も行なっています。空港で検疫官と働いている看護師は厚生労働省の所属になるので、厚生労働省の厚生労働技官で身分は国家公務員になります。

そのため求人は検疫官の欠員が出た場合に、厚生労働省がホームページ上で募集を行っています。応募条件は日本国籍で看護師資格を持っていれば、誰でも検疫官に応募することができます。選考方法は書類選考と面接による人物試験で行われ、書類審査を通過した看護師だけが面接を受けられます。

勤務条件ですが勤務時間は1日に7時間45分ですが、成田国際空港や関西国際空港などの国際空港の検疫所は24時間体制なので交代制の勤務になっています。また原則として土曜日と日曜日に祝日はお休みになっています。ただ勤務先は空港だけでなく全国にある主要な港の場合もあり、全国への転勤の可能性もあります。

給与は180、500円からですが、これまでの看護師としての経験年数に応じて調整が行われます。また国家公務員給与法の規定により諸手当の支給が行われますが、面接会場は厚生労働省になっています。応募書類は写真貼付の履歴書と看護師免許証の写しがそれぞれ1通と、1200字程度の海外渡航者に対する感染症対策についての考えと、これまでの経験についてまとめたレポートの提出が求められています。

もし空港の看護師の検疫官に興味がある方はナースフルなどの看護師に特化された転職サイトや転職エージェントで登録されると、これらのサイトやエージェントの専任の担当者が検疫官についてもっと詳しく教えてくれます。検疫官の仕事は普通の看護師の仕事とはかなり異なっていますが、やりがいがある仕事であることには間違いありません。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.