空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師の仕事はたいへん?

空港の看護師の仕事はたいへん?

「空港の看護師の仕事はたいへん?」と聞かれたならば、空港内にある医務室・診療所・クリニックですか、それとも検疫官の看護師ですかと聞き返す必要があります。空港で働く看護師の仕事も実は空港内にある医務室・診療所・クリニックと、厚生労働省から派遣されているも検疫官の看護師といるからです。

空港内にある医務室・診療所・クリニックで働く看護師の場合は空港運営会社の雇用ではなく、民間の病院で採用されて空港に出向して働いています。そのため必ずしも空港内の医務室・診療所・クリニックが勤務先ではなく、将来はそのの病院で働くことも考えられます。

ただ採用されたときに空港での勤務を強く希望している場合は、空港でそのまま働くことも可能だとは思います。その場合は病院勤務よりは残業もなく、肉体的にはずいぶんとらくなはずです。ただ成田国際空港や関西国際空港などの24時間稼動している空港で働く場合は、空港内にある医務室・診療所・クリニックも24時間オープンさせるので夜勤はあります。

ただ病院のようなナースコールや、入院患者さんの様態が急変するもありません。その点では間違いなく、病院勤務よりもらくだと言えます。それと空港の医務室・診療所・クリニックの勤務体制は、医師1人にあとは事務員1人の2〜3人体制です。その点でも病院のような複雑な、人間関係に悩まされることはなさそうです。

ただ検疫官の看護師の場合は、空港の医務室の看護師とはずいぶんと違います。海外から帰国した乗客に異変があれば、それこそたいへんです。特に乗客が鳥インフルエンザなどのSARS(サーズ)にでも感染していれば、空港の検疫官の看護師は病院どころのたいへんさではありません。

それと空港の検疫官の看護師の場合は、全国の国際空港へ転勤する可能性があります。独身であればとにかく、もし結婚でもしていれば転勤するのはたいへんなことです。ただどちらの仕事も一概にはらくとか、たいへんとか言えない部分はあると思います。それでも空港の看護師の仕事に興味があるのであればナースフルなどの看護師に特化された、転職サイトや転職エージェントに登録して探してみませんか。

すぐには空港の看護師の求人がなくても転職サイトや転職エージェントに登録していれば、欠員が出た場合には担当者から連絡があります。それに空港の看護師の求人でなくて、希望の条件を伝えていれば思わぬ転職先が見つかるかもしれませんよ。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.