空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 空港看護師求人探しのFAQ >> 空港の看護師の仕事内容は?

空港の看護師の仕事内容は?

看護師の職場といえば普通は病院がほとんどですが、近年では看護師の職場も多様化していてほんとうにさまざまです。企業の産業看護師やイベント看護師などの他にも、実は空港で働く看護師もたくさんいます。空港で仕事をする看護師の働き方ですが、大きく分けると2つあります。

ひとつが空港内の医務室・診療所・クリニックなどで働く場合と、あまり聞きなれない言葉かもしれませんが空港で検疫官として働いている看護師もいます。国内の成田国際空港や関西国際空港や中部国際空港などの国際空港には、空港内に医務室・診療所・クリニックなどを設置しています。

ただこれらの医務室・診療所・クリニックは空港を運営している会社が空港内に設置いるのではなく、一般の民間病院が空港内に開院している場合が普通です。例えば成田国際空港の医務室は日本医科大学千葉北総病院が運営していますし、関西国際空港の医務室は近畿大学附属病院が管理しています。これらの他にも愛知県の伊勢湾の人工島にある中部国際空港では、藤田保健衛生大学病院が空港内に医務室設置しています。

国際空港だけでなく新千歳空港や福岡空港など、空港内に医務室・診療所・クリニックなどを設置しているところもあります。新千歳空港は尾谷病院が空港内にクリニックを運営していて、福岡空港は丸岡内科クリニックが空港内にクリニックを運営しています。

次に空港の看護師の仕事内容ですが空港で働く各航空会社のカウンター業務担当者や、空港運営会社の社員や客室乗務員が病気や怪我をした場合の処置や対応を行います、それと時には空港の乗客が乱気流などで怪我をした場合の処置や対応なども行います。

空港の看護師の勤務時間は国際空港の場合はほとんどが、24時間稼動しているので3交代か4交代の勤務体制が普通です。ただ国際線があっても便数が極端に少ない場合や、国際線がない場合には夜勤もありません。それとたとえ夜勤があっても患者さんがいる病院とは違って、ナースコールなどないので仕事はらくです。

空港の看護師に興味がある方はナースフルなどの看護師に特化された転職サイトや転職エージェントで登録されると、これらのサイトやエージェントの専任の担当者が詳しく教えてくれます。もちろん登録費などすべて無料なので、遠慮なくお尋ねください。空港によっては空港内に医務室・診療所・クリニックなどないところもあるので、転職サイトや転職エージェントで尋ねのが1番確実です。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.