空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 大規模空港の看護師求人 >> 中部国際空港

中部国際空港の看護師求人

中部国際空港は2005年2月17日に、愛知県常滑市沖の伊勢湾海上にある人工島に開港しました。中部国際空港の愛称はセントレアですが一般公募の中から選ばれたもので、英語で中部地方という意味がある「central」と空港を意味する「airport」が組み合わせられています。これまでの年間の利用者数は500万〜1500万人とかなり幅がありますが、国際空港としての評価は2005年から4年連続で世界1位でした。ただ開港してから国内線の便数が減り続けていて、国内線の搭乗者数も減少しています。この背景には名古屋市内からのアクセスが中部国際空港より良い名古屋空港の存在と、東海道山陽新幹線の「のぞみ」が増発されたことなどが考えられます。

中部国際空港内のクリニックや診療所ですが、旅客ターミナルビルの2階の国内線到着出口の横に、藤田保健衛生大学が運営する中部国際空港診療所があります。中部国際空港診療所は藤田保健衛生大学病院の1部門として空港内における、空港の利用者の一般診療や初期救急医療や救護医療などを行っています。この他にも空港で働く航空会社のスタッフなどの、健康診断や予防接種なども行っています。診療時間は午前9時〜17時までで、休診日などは特にありません。また中部国際空港診療所は保険医療機関なので、受診される場合には健康保険証が必要になります。

国際空港ということもあり国内外の旅客のなかには保険証を持っていない場合もあり、その場合は全て自費診療となりかなり高い費用が掛かります。そのため中部国際空港を利用される際には保険証を持参されるか、旅行保険へ加入されたほうが無難です。ただし旅行保険へ加入されても、保険の適応は旅行中の突発的な疾病に限定されていて持病には使えません。そのため旅行保険の加入の際には、注意事項をよく確認した上で加入されるほうが良いかと思います。ただ中部国際空港診療所ではJCBや、VISAなどのクレジットカードでの支払も可能です。

中部国際空港診療所で行っている健康診断は身長・体重・肥満度・血圧・視力・聴力などの基本健診の他にも、定期健診Aコースや定期健診Bコースや基本健診の他に白血球・ウロビリノーゲン・蛋白・潜血・PH・糖を調べるための尿検査がある夜勤健診もあります。中部国際空港診療所の看護師求人はすべて、藤田保健衛生大学のホームページに詳しく掲載されています。ただし必ずしも、空港で働けるとは限りません。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.