空港看護師求人ランキング

空港看護師求人TOP >> 大規模空港の看護師求人 >> 大阪国際空港(伊丹)

大阪国際空港(伊丹)の看護師求人

伊丹空港の名でもよく知られている大阪国際空港は、1939年1月17日に軍民共用飛行場として開設されました。戦後の1958年3月18日に大阪空港として再開港し、翌年の7月3日に国際路線が開設して、その時に現在の大阪国際空港に改称されました。国際空港として開設された伊丹空港ですが1994年9月4日に関西国際空港が開港すると、すべての国際線と国内線の約20%が関西国際空港へ移されかつての活気は失われました。それでも大阪市内への交通アクセスの便利さや国内線の一部が関西国際空港から戻り、2002年からは北海道や沖縄などへの便が増設され再び活気を取り戻しています。

そんな大阪国際空港には豊中市医師会が運営する財団法人の大阪国際空港メディカルセンターと、新田歯科クリニックの2つの医療機関とクリニックがあります。大阪国際空港メディカルセンターは大阪空港ターミナルビルの1階にあり、診療科は内科一般ですが糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を中心に、各事業所で働く労働者の方々のための健康診断も行っています。雇用時の健康診断や定期健康診断で、労働安全衛生法にもとづく健診項目の全ての健康診断が可能です。具体的な検査内容はX線検査や腹部エコーや血液検査の他に、胃の透視や心電図や尿検査などです。

診療時間は午前9時から夕方4時までで、お昼12時から午後1時まではお昼休みです。土曜日の診日はお昼までで、日曜日と祝日は休診日になっています。また大阪国際空港メディカルセンターでは破傷風・狂犬病・日本脳炎・A型肝炎・B型肝炎などの海外渡航用の予防接種も行っていて、予防接種記録手帳が即日発行されます。さらに保険の取り扱いが可能な、禁煙外来も行っていて禁煙の指導を行っています。大阪国際空港に当初医療施設がなく、空港の利用者や空港内で働く方々の診療や健康管理などのために豊中市医師会が1960年11月に診療所を開設したのが現在の大阪国際空港メディカルセンターです。

1969年に新空港ターミナルビルが建設されたのをきっかけに診療所を発展的解消させ、豊中市医師会が中心になって関係企業の援助のもとに同年に、現在の大阪国際空港メディカルセンターが新たに財団法人として設立されました。大阪国際空港メディカルセンターでは空港の利用者の診療だけでなく、空港内企業従業員の健診事業や航空機の事故などの災害に対する訓練と調査研究なども行っています。大阪国際空港の看護師求人は、欠員が出た場合のみ豊中市医師会のホームページに掲載されています。

空港の看護師求人も多い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア お勧め度 詳細
ナース人材バンク 無料 全国 ★★★★★ 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • 転職可能エリア
  • 全国
  • お勧め度
  • ★★★★★






Copyright (C) 2013-2017 空港看護師求人ランキング All Rights Reserved.